運動会では子供の頑張る姿をしっかりとビデオを撮って記録に残したいものですが、運動会は自分の子供を探すだけでも大変で、さらに動き回っているし、自分の場所から遠すぎるところに子供がいたり、とても難しいものです。

どこに写ってるのかもわからないようなものしか撮れなくて、1回見ただけで終わりとうこともよくありました。
そこで、何度でも見たくなる運動会のビデオ撮影の仕方があると知り、とても参考になりました。

まず三脚は必須だと思っていましたが、今ではそれは時代遅れと知って、少しショックを受けましたが、子供に合わせて動かして撮影する方が躍動感のある映像が撮れるということで、三脚が要らないのも納得しました。

運動会のビデオ撮影で大事なことは、下準備と撮影後の編集です。
しっかりと撮るべきポイントを紙などに書き出し、ダラダラ撮りをしないようにします。
そして、子供本人にも自撮りをしてもらったりするのも、面白い映像が撮れるということで、これはぜひやらせてみたいと思いました。
参考記事:ビデオ 運動会

撮った動画は、最後に飽きずに見れる20分程度の長さに編集します。
音楽やテロップも入れると一気に楽しい動画になるのでおすすめです。
子供のためにも編集までしっかりして、大きくなった時に見返して楽しいものにしたいと思いました。

関連記事

    None Found